ある薬剤師の雑感

ただの日記です

尿路結石の患者さんがもう痛そうで痛そうで見ていられなかった話

今日は夜間診療の当番に出ていたのですが
久々に尿路結石で悶絶している患者さんにお会いしました。

本当に痛そうで痛そうで
見ていられないくらい痛そうでした。

 

私の身内でも
ずっと前ですが尿路結石で苦しんだ人がいます。

突然「腰が痛い」とのたうち回り
私はどうすればよいのか
何が原因なのか
さっぱりわからないし
とりあえず救急車呼ぼうかと聞いたら
呼んでほしいというので
生まれて初めて
救急車を呼びました。

そうそう、救急車は乗ったことならあります↓

phar.hatenablog.com

で、わりとすぐ尿管結石と診断され
ペンタジンだか何だかで対応して
なんとか我慢できる程度の痛みに落ち着いたのです。

昔すぎて記憶が曖昧な部分がありますが。

本人はもう二度と
こんな痛みを味わいたくないと言っていました。

 

で、今日、
そんな感じの患者さんが来られました。

もう何をしても痛いですから
こっちが痛くないのが申し訳ないくらいです。

結石が出来やすい生活習慣が
あちこちのサイトで書かれていましたが
なんか決定的な情報がなく
明日は我が身と
ぶるっと震えた体験でした。

とりあえず水はしっかり飲まないといけないなとは思いました。

昔の人はどうやってこの痛みに対応していたのだろう。