ある薬剤師の雑感

ただの日記です

円周率は「3」でも「3.14」でもなく最初から「π」で教えてほしい

私の子供たちはいわゆる「ゆとり教育」世代のあとの
「脱ゆとり教育」世代です。

小学生のとき、円周率は「3.14」で学習しました。

 

「やっぱり円周率は3ではなく3.14で学習しないと」

と現在高校生の子供に言ったところ、

① 3でも3.14でも不正確なことに変わりないから3でいい
② もういっそ3でも3.14でもなく、小学校から文字数を教えてほしい

という回答でした。

②については理解できます。
3なり3.14なりを計算の途中に掛けさせるのは
いずれ近いうちに必要なくなるからです。

中学校ではπで計算しますから。

で、①についてです。

小学校で文字数ではなく、どうしても数字で学習するとした場合
私が持っていた意見はこれです。

円周率3で円の面積を計算した場合
円に内接する正六角形と同じ面積になる。
内接する六角形よりも円の面積のほうが大きいのだから
3であることは良くない。

しかし、子供にはこう言われました。

どっちにしろ円に内接する○角形よりも円の面積は大きいのに
3.14という不正確な数字にする理由がない。
どうしても数字でというなら
同じように不正確ではあるが計算が容易な
3にするべき。

そうか、そちらのほうが合理的だし、
無駄なエネルギーがいらない。

本当は文字数で教えたらよいのではというのは
親子で共通の認識なのですが。

あとは、教える順番の問題があるのかな。
文字数の概念を何年生で教えて
円周率の概念を何年生で教えるかということについて。